漁師の嫁になるには、色々な覚悟が必要になります。

婚活市場ではサラリーマンの人気が高く、漁師の男性はよい出会いがなかなかやってこない場合もあるでしょう。

漁師の嫁は夫の仕事の手伝い、家庭のことや育児など、あらゆる負担があります。

それなら共働きできるサラリーマンのほうが、女性は楽に感じるのかもしれません。

そうなると問題になるのが、漁師の嫁不足について。

婚活したくても女性から避けられてしまうと、将来が不安になりませんか。

そんな男性たちが今注目しているのが、国際結婚です。

漁師の嫁不足を解消するためには、世界に目を向けて婚活するのが、幸せへの第一歩につながるかもしれません。

 

漁師,嫁,国際結婚

 

漁師のライフスタイルとは?

漁師の嫁は大変。そんなイメージを抱く人が多い中、

実際に漁師はどのような仕事やライフスタイルがあるのか、詳しく知らない人が多いでしょう。

そこで気になる年収やライフスタイルについて、詳しい部分をお伝えしていきますね。

 

漁師は高年収?

漁師といっても捕獲する魚の違いにより、年収は異なります。

サラリーマンのように時間が決まっているわけでなく、天候によって仕事ができないこともあるでしょう。

海や川で捕獲する漁師をはじめ、生簀で魚を飼育して収入を得る人もいます。

形態により収入は変わりますが、遠泳漁業の場合月給にすると30~35万円。

そして年収にすると、400万円ほどだといわれています。

遠泳漁業の場合は一度出港すると、長い場合は1年ほど家に帰ってこられない時もあります。

年収では若干少なくなりますが、沖合漁業の場合は200万円の年収相場だといわれています。

漁獲高のよい年は、1000万円台になる漁師もいるでしょう。

 

一日の流れ

漁師の朝は早く、毎日天候をチェックして出港します。

自分の漁船で働く人や大型漁船に乗っている人などがいますが、

定置網漁の場合は朝4時頃に出港して、5~7時頃に網を引き揚げ午前中に帰港します。

魚の選別や清掃などを行い、仲間と昼食をとった後は自由時間。就寝は早く、7時くらいには寝ている人も多いようです。

漁師は毎日同じ場所で働くわけではありませんので、海を相手にやりがいを感じながら仕事をしています。

知識や経験を上手く身に着け、サラリーマンでは学べない大切な内容を感じ取っています。

 

漁師の婚活について

漁師はたくましい体で、男らしい人ばかり。

しかもお金があり、結婚相手としてピッタリだと思う女性は多く存在します。

漁師の嫁不足問題はどのような状況なのか、婚活事情について見ていきましょう。

 

漁師,嫁,国際結婚

 

漁師はモテる

漁業がさかんな場所では、出会いが少ない漁師の婚活を街コンなどでサポートしています。

漁師は嫁不足で困っているという印象がありますが、婚活パーティーは大盛況で、漁師は人気があるようです。

サラリーマンのようなマンネリした生活でなく、自然と相手にして働く漁師は、女性にとって魅力的な存在。

都会から遠方に嫁ぐ女性も、決して珍しくありません。

漁業で暮らす人たちは家族代々、その地域で生活していることもあり、

男性は素朴な魅力があり優しいという評判も。漁師狙いで婚活をする女性は、想像以上に多いのです。

 

現実の辛さについていけない人も

漁師の嫁になると想像した生活とは真逆で、収入がそれほどない、

夫は仕事でいつも家にいないなど、結婚生活が上手くいかなくなる夫婦も少なくありません。

それは漁師の魅力だけを狙って、よく考えずに結婚する女性の場合。

漁業の手伝いや地味な生活に不満を抱くと、やはりサラリーマンのほうがよかったと後悔する人もいるでしょう。

そもそも漁師は仕事と家の往復で、女性との出会いはなかなか臨めません。

都会に出ていく男性も多いので、漁師の嫁に憧れる女性がいる反面、結婚生活を続けるのが困難なケースもあります。

 

外国人の妻は漁師にオススメ!

日本人女性は漁師の魅力だけを望んで結婚し、現実の辛さに耐えられなくなる人が多く存在します。

婚活でよい出会いがあったとしても、幸せな家庭を築くためには長い道のりがありますよね。

その点外国人の妻なら漁師が求める女性像が多く、共に漁業を基盤に幸せな結婚生活が営める可能性が高いのです。

 

漁師,嫁,国際結婚

 

結婚相手に求める内容

漁師の人が結婚相手に求めることは、どのような内容だと考えられますか。

長い遠洋漁業のようにしばらく家を留守にした時には、奥さんが一人で子供の世話や家事をこなさなければなりません。

そのため妻として母として、しっかりと任務をこなしてくれる女性が理想的だといえるでしょう。

また海に出て仕事をするのは、思わぬ危険も潜んでいます。

体力的にもハードな仕事なので、家に帰ってリラックスできる環境は、漁師には必要不可欠です。

このような結婚相手の条件をクリアするのは、外国人の妻にも可能なことでしょう。

 

国際結婚がよい理由とは

漁師が国際結婚?と、意外な組み合わせに思う人もいるでしょう。

しかし本当に漁師が求める女性は、地元の婚活ではなかなか期待できない場合があります。

漁師を求めている女性が多くても、男性の希望に合う人が少ないのが婚活の現状です。

その点国際結婚なら、素朴で働き者の女性も多く、留守の間もしっかりと家庭を守ってくれます。

国際結婚市場では働き者の日本男性はとても人気が高く、漁師の仕事は外国人女性から見ても魅力的です。

また地元密着型のライフスタイルになりやすい漁師の男性にとっても、

外国人の妻は新しい文化や環境に目を向けるチャンスに。人生の楽しみ方が、幅広くなるかもしれません。

 

こんな国の女性が漁師の嫁にオススメ

国際結婚といっても、漁師の嫁に向いている出身国でなければ、後悔する場合もあるかもしれません。

漁獲高が高い中国やベトナム、ロシアなどの出身女性は漁業に対する理解もありますので、

日本の漁師の嫁になるのもさほど抵抗はないでしょう。

また外国人の妻は基本的に家族愛が強いので、辛い仕事をサポートしながら、和気あいあいとした家庭が築けるはずです。

 

国際結婚で注意したいことは?

国際結婚はあらゆる文化や価値観を持った女性たちが相手で、しかも言葉の壁もあります。

コミュニケーションが上手くいかず誤解が生じるのは、まず注意したいポイントだといえるでしょう。

他にも国際結婚で考えておくべきことについて、詳しい部分を見ていきましょう。

 

相性が大切

綺麗な外国人の妻は、ルックスだけでOKしたくなるかもしれません。

しかし日本人でも外国人でも、人生を共にするパートナーは相性が大切です。

言葉の壁があるので、意思疎通が難しいと感じる時もありますが、

相手をよく知るためには慌てずに交際期間を設けましょう。

 

万が一の場合も考えておく

国際結婚に関するトラブルも稀に起こりますので、結婚を決意する際は万が一のことも頭に入れてください。

離婚の際はどちらの国の法律が適用されるかなど、事前に知っておくべき内容は正しく理解しておきましょう。

また婚姻に関するあらゆる手続きについて、詳しい情報を提供してくれるサポートがあるほうが何かと安心です。

相手の国によって法律が異なりますので、専門家に相談するのも大切ですね。

国際結婚は一般的な結婚よりもわからない点が多く、自己判断して失敗することもあるので注意しましょう。

 

まとめ

漁師の嫁不足は国内の婚活だけでなく、世界にも目を向けてみましょう。

日本人の夫を持つことは、外国人女性にとってステータスにもなっています。

国際結婚相談所を利用すれば、出会いから成婚までしっかりとサポートしてくれます。

そのため漁師のライフスタイルに合った、素敵な外国人妻を見つけることができますね。

Pocket