農家の嫁になりたいと、日本へやってくる外国人女性が増えています。国際結婚で人気のベトナム人女性は、日本人男性と相性がよいもの。

農家という職業についても、よく理解してくれる点が魅力です。農家男性の婚活が難しいといわれる今の時代、海外に目を向ける日本人男性が増えています。

ベトナム人女性は同じアジアの国出身なので、共通点も多く結婚後の生活もイメージしやすいかもしれません。

しかしベトナム人と結婚したいと思っても、女性から興味を持たれない男性では婚活は大変です。

そこで幸せな国際結婚に向けて、ベトナム人からモテる農家男性の特徴について見ていきましょう。

 

⇒こちらの記事も読まれています。

ベトナム女性との国際結婚

 

農家の嫁に求められること

農家の嫁は大変というイメージがあるためか、婚活で苦労する農業地帯の男性が多いですよね。そもそも農家の嫁になるためには、どのような内容が求められるのでしょうか。

 

ベトナム女性,農家,嫁,結婚相談所

 

大家族の生活が待っている

農家は昔から跡を継いで農業をやっている家族が多く、三世代は当たり前。中には四世代という家族形態もあります。

都会で育った人は核家族なので、大家族の大変さを知らない人も多いでしょう。農家の嫁になるためには、大家族でも上手く立ち回れるようになるのが大切。

各年齢層のライフスタイルを理解して、家族のサポートができなければなりません。

 

農業の大変さを理解している

農家の嫁は夫婦関係だけでなく、仕事である農業に対しても理解しておく必要があります。夫婦二人で旅行に行きたいと思っても、収穫時期などに家を空けることはできないでしょう。

農業はサラリーマンとは違い、時間ごとに区切れる仕事ではありません。自由な時と忙しい時期のメリハリを考え、農業をサポートする余裕を持って嫁ぐのが大切ですね。

農家の嫁は、夫の仕事の手伝い以外にも家事や育児など、一日にやることがたくさん。そのため農業の仕事は早く切り上げて、家庭に戻るという生活パターンが多いようです。

 

親戚や近所の付き合いができる

農家には広い世界があり、親戚やご近所付き合いなどをしっかりとやっていかないと、その地域で暮らしにくい部分があります。

その土地に昔から伝わる季節の行事や墓守など、核家族ではやらないことも農家の嫁に求められるのです。

人付き合いが苦手だと夫にも迷惑がかかりますので、古いしきたりや風習なども理解して家庭を守るのが大切でしょう。

都会では隣に住む人が誰か、よくわからない場合もあります。しかし農村地帯ではその地域全ての人が顔なじみで、挨拶や付き合いなども避けては通れないことなのです。

 

ベトナム人女性が農家の嫁に向いている理由

「農家の嫁になるのは避けたい」という日本人女性が増える中、ベトナムから日本へやってくる農家の嫁希望者も増えています。

アジア女性との国際結婚カップルの中でも、とても注目されているベトナム人。次の理由も兼ねて、大変な農家の嫁をしっかりとこなす魅力があります。

 

ベトナム女性,農家,嫁,結婚相談所

 

農業を理解している

ベトナムと聞いても、どのような国かピンとこない人は多いでしょう。かつてベトナム戦争で有名になった場所ですが、現在は広範な農作物が生産されて各国に輸出されています。

主にお米が中心的な農作物。さとうきびやコーヒーなども輸出され、農業が栄えている国といってもよいでしょう。

そのため日本の農家の嫁になっても、農業の大変さや楽しさをすでに知っているため、すんなりと農家のライフスタイルに馴染めるのが魅力です。

 

農家の食生活に合っている

ベトナム人はアジアの中でも、美しい女性が多いことで有名です。その理由は体型を綺麗に見せる民族衣装や、生活習慣が関係しているといわれているもの。

とくに食生活は質素でヘルシーなので、アジアの中でも肥満率が低い国なのです。農家の嫁になるとテイクアウトやデリバリー、ファストフードなどを食べる機会は減るでしょう。

逆に採れたての野菜などの農産物が豊富にあるため、ベトナムにいる時のように健康的な食生活が送れます。

食べ物があまりにも変わってしまうとストレスになるので、ベトナム人は日本の農家と相性がよい食習慣があるといえますね。

 

経済力で男性を判断する

お金持ちの農家の跡継ぎでも、なかなか結婚できない男性がいます。もっとオシャレな男性がよい、都会的な人がよいという理想を持つ女性には、農家の男性は対象にならないのでしょう。

ベトナム人女性の理想は、経済力がある男性。イケメンがモテる日本の文化とは違い、カッコよくても家族を養えない人は結婚相手にふさわしくないのです。

経済力がないと、家族や周囲から反対されてしまう場合もあります。その点日本の農家は先祖代々農業を続けており、土地や家もあるでしょう。

経済力が安定していることは、ベトナム人女性にとって魅力に感じる部分。都会の男性のようなセンスがなくても、妻を大切に扱ってくれる人ならよいと考えています。

 

若くて働き者

ベトナム人女性の結婚年齢は若く、25歳くらいを目安にしている女性が多いといわれています。

25歳を過ぎると、年齢が高すぎて結婚できないと考える人もいるため、婚活をスタートするのは比較的若い年齢になります。

ベトナム人女性が農家の嫁としてよい理由は、若くて元気であること。大変な農作業も、精一杯こなしてくれるでしょう。体力を使う仕事なので、年齢が若い女性のほうが何かと助かります。

 

ベトナム人からモテる男性の特徴

ベトナム人女性と結婚したいと思っても、気に入られないと交際にも至りません。ではどのような点を意識してベトナム人女性に近づくとよいか、モテるコツについて見ていきましょう。

 

ベトナム女性,農家,嫁,結婚相談所

 

家庭を第一に考える

ベトナム人は家族を大切にするため、いいなと思った女性と知り合ったら、家族ぐるみで付き合うことをオススメします。

結婚は本人の意思だけでなく、家族の判断も重要になるもの。相手の家族に会いに行き、信頼関係を築くのもよいでしょう。

家族を大切にする国民性は、日本の農家の男性とも相性がよく、地域での付き合いなども上手くこなしてくれます。

農村地帯に外国人の女性がいるのは珍しいですが、人懐っこい性格ならそういった場面でも有利になるでしょう。

 

レディファースト

ベトナム人女性には、亭主関白はあまり好まれません。もちろん頼れる男性は、どの国の女性にとっても魅力的な存在。

しかしレディファーストは、常に心がけたいことのひとつです。男性に特別に扱われるのが好きなベトナム人女性。

いつも女性に対する心遣いを忘れず、デート代も全額払うなど、紳士的な態度を意識しましょう。

草食系男子、あるいは亭主関白になりやすい日本人。ベトナム人女性の理想に近づくためには、大切なお姫様を守るようなレディファーストの姿勢が必要ですね。

 

嫉妬されないように注意

感情表現がはっきりとしているのは、外国人女性に共通することです。日本人の彼女なら黙って見過ごす場面でも、しっかりと意思表示をしてきます。

ベトナム人も感情表現はとても豊かで、自分のパートナーが他の女性と仲良くする姿を見ると、すぐに焼きもちを焼きます。

一途な女性が多いため、浮気性の男性は充分に注意しなければ、上手く関係が築けないかもしれません。

ベトナム人女性を嫉妬させないためには、適度なスキンシップや愛情表現を忘れないようにしたいですね。

 

まとめ

農家の嫁にベトナム人女性を選びたいと思う人は、国際結婚相談所でマッチングしてもらうことをオススメします。

農業を理解すると共に、素朴な生活を楽しめるベトナム人は、近所の人からも可愛がられる存在になるでしょう。

Pocket