ロシア人の結婚は何歳からできるのか、ロシアの結婚事情について詳しくご解説していきましょう。

国際結婚のお相手として、とても注目されているロシア人女性。日本人にはない魅力が、色々とありますよね。

男性だけでなく、日本人女性から見ても憧れの存在。美人が多いため、結婚相手にしたいと思う男性が増えています。

しかし気になるのは「ロシアでは、結婚は何歳からできるのか」という点。素敵なロシア人と知り合っても、結婚できる年齢でないからと諦めるのは辛いものです。

国が変われば、結婚に関する法律も違って当たり前。そこでロシア人女性との結婚を考える人に向けて、知っておきたい結婚事情を見ていきましょう。

 

ロシア,結婚,何歳から,相談所,国際,出会い

 

国際結婚はどちらの国の法律に従うのか?

日本人同士が日本国内で結婚する時は、日本の法律に従って手続きを進めます。では国際結婚する場合、いくつかの疑問がありますので、よくある質問についてご説明しましょう。

 

結婚相手の国や結婚する場所で異なる?

一番わかりやすいのは、日本人同士が日本で結婚する場合です。二人が管轄の役場に婚姻届けを提出するのが主な手続きですが、お相手が外国人となるとそれだけでは婚姻が成立しません。

結婚に外国籍が関係する場合に気になるのが、どちらの国の法律に基づいて手続きをするべきなのか。

日本の婚姻年齢は男性が18歳以上、女性が16歳以上と法律で決められています。しかし外国では、何歳から結婚できるかは国によって違う法律がありますし、婚姻挙行地がどこになるかによっても異なる場合があります。

 

日本での婚姻手続きはどうする?

相手の出身国により、婚姻に必要な提出書類が異なります。そのためロシア人女性と結婚する場合は何歳からできるか、また書類は何が必要かなど、在日大使館に問い合わせておくと安心でしょう。

日本での婚姻手続きは、市区町村役場に必要書類を提出し、相手国の在日大使館に届け出を行います。

その後、両サイドから婚姻証明書を受け取ったら、日本と相手国での婚姻手続きが完了となります。

国際結婚はどちらかの国だけで手続きするものでなく、相手の国の法律に従って婚姻手続きをする必要があります。

その際、日本が先なのか相手国が先なのか、国によって順番を定めている場合もあるので事前に確認しましょう。

 

相手国で婚姻手続きはできる?

相手国で結婚式を挙げて、婚姻手続きをしたいというカップルも多く存在します。その場合の流れですが、日本人の必要書類は相手国によって異なりますので、事前に情報収集をしておきましょう。

一般的には日本人の「婚姻用件具備証明書」と「戸籍謄本」「パスポート」、さらに相手国の婚姻届を記入して、婚姻する場所の役所に提出します。

受理された後は婚姻証明書が発行されますので、現地の日本大使館に戸籍謄本と合わせて提出、もしくは郵送で本籍地の市区町村役場に送ります。

 

日本で暮らすために必要な手続きは何?

国際結婚は、生活が軌道に乗るまではあらゆる手続きがありますので、全て完了するまでは何かとストレスになることもあるかもしれません。

ロシア人女性と結婚したい場合も、婚姻手続きに関しては必ず通り抜けなければならない道になります。

日本での生活に憧れるロシア人女性は多く、結婚手続き以外にも日本で暮らすためには、在留資格を持つのが必要。

在留資格は婚姻と同時に、自動的についてくるものではありませんので、きちんと手続きをしなければならない大切なことです。

在留資格は地方入国管理局で申請を行い、審査に通過したら取得できるもの。その場合にはビザが必要なので、ロシア人女性の場合はロシア本国で取得しておかなければなりません。

 

ロシアの婚姻制度について

ロシア女性の結婚は、何歳からできるのか。違う国の事情は、事前に知っておきたい大切な内容です。

では国際結婚をするにあたり、ロシアの結婚事情に関して重要なポイントを見ていきましょう。

 

ロシア,結婚,何歳から,相談所,国際,出会い

 

18歳以上であること

ロシア女性との結婚は何歳からできるの?という疑問ですが、ロシアでは男女共に18歳以上が条件となっています。

日本の場合は女性16歳以上が婚姻できる年齢なので、ロシア女性のほうが年上になるでしょう。

国際結婚は、お互いの国の決まりに沿って手続きをしなければなりません。たとえ日本で婚姻手続きするにしても、ロシア女性は18歳以上でないと結婚はできないことになります。

外国人女性は実年齢よりも大人びて見える人が多いので、20歳以上かと思ったらまだ10代だったというケースもあります。

結婚を考えたお付き合いをする際は、女性の婚姻年齢ついても意識しておくと安心ですね。

 

ロシアでの婚姻手続きについて

国際結婚は相手国の法律により、手続きが若干異なります。ロシアで婚姻手続きをする場合ですが、必要書類となる婚姻用件具備証明書とパスポートの翻訳や、戸籍謄本の翻訳を準備します。

提出する場所はロシアの日本大使館領事部、最終的にロシアの住民登録機関ザックスに情報が登録されます。

書類の認証や翻訳は、在ロシア領事館でできますので、ロシア側での婚姻手続きが終了したら三か月以内に日本の市役所に婚姻届けを提出します。

 

ロシアの結婚制度

旧ソ連時代よりロシアに変わってから、法律婚主義が復活しています。申請から登録するまでに一か月間ほどの期間を置くのが、ロシアの結婚制度の特徴です。

この期間は二人の結婚の意思を再確認するための冷却期間で、勢いだけの軽率な結婚を防止する目的があるといわれています。

国が変われば婚姻制度も異なりますので、ロシア女性と結婚する際は日本での国際結婚の手続きに合わせて、ロシアで守るべき決まりも事前に確認しておきましょう。日本と同様に相手国により、条件が異なる場合もあります。

 

ロシア女性との結婚をサポートしてもらう方法

国際結婚は、法律に沿って進める手続きがあります。ロシア女性との結婚は何歳でできるか、どちらで婚姻手続きをしたらよいかなど、専門的な知識が必要なことが色々と出てくるでしょう。

ロシア女性との結婚を望む人には、次のようなメリットがある国際結婚相談所を利用するのがオススメです。

 

ロシア,結婚,何歳から,相談所,国際,出会い

 

難しい婚姻手続きのサポートがある

国際結婚の手続きは書類を揃えたり、相手の国に提出するために翻訳をしたり、日本人同士の婚姻にはない特別な手続きがあります。

さらに日本でずっと暮らすためには、永住権の取得を考える人もいるでしょう。このような手続きや法的なことに関しては、自分では調べきれない場合も多いもの。

国際結婚カップルを多く生み出している専門の相談所で、的確なアドバイスしてもらうことをオススメします。

婚姻手続きがきちんと行われていないと、後で大変なトラブルになる可能性もあります。日本だけでなく相手国の法律も考えなければならないため、専門家のアドバイスはとても重要になります。

 

ロシアの結婚事情がわかる

ロシア人女性を紹介してくれる国際結婚相談所は、ロシアの結婚事情についても詳しいため、全く想像できない外国の婚姻の流れについても知るチャンスになるでしょう。

ロシアは日本からは想像できない法律も、多く存在する可能性があります。とくに結婚事情については、相手の家族に納得してもらうためにも、事前に知識として身に着けておきたいことかもしれません。

 

まとめ

国際結婚相談所を利用する一番のメリットは、条件に合った女性と出会えることです。日本国内でロシア人女性との出会いを求めるのは、かなり難しいもの。

しかし国際結婚相談所を利用すれば、年齢や容姿、性格などの婚活の幅も広がります。ロシア人女性といっても、日本人女性と同様に性格は色々。幸せな家庭を築くためには、こだわりを持って婚活するのも大切ですね。

Pocket